新着お悩み相談

若干受け口なのと下顎が少し左にずれているのが嫌で矯正の相談をしにいったら、私の場合顎の手術もしなければいけないと言われました。

ご質問: 若干受け口なのと下顎が少し左にずれているのが嫌で矯正の相談をしにいったら、私の場合顎の手術もしなければいけないと言われました。
保険適応されるなら今すぐにでも手術したいのですが、そこまでひどくない(?)顎の擦れに保険は適応されますか?

お答え: 大山矯正歯科 院長の大山 照彦です。
矯正相談の件、お答えいたします。
現在の咬み合せを診ないと正確な解答は出来ませんがお答えできる範疇でアドバイスさせて頂きます。
顎変形症として保険適用されるのは いくつかの条件が必要です。
咬み合せが悪い、下顎がずれている。顔の歪みがあるなどという不正があれば 保険適用されます。
お問い合わせの内容からすると 受け口で顎が左にズレている。
歯科医より手術が必要だといわれた。
以上のことから推測すると顎変形症 骨格的下顎前突 下顎左側偏位症 という病名がつきますので 保険で矯正治療も外科手術も 受診する事が出来ると思います。

大山矯正歯科

待合室の写真

オンライン予約はこちら お悩み無料相談はこちら
自立支援医療指定医
更生医療指定医
育成医療指定医

矯正歯科 診療時間

月・火・水
10:00~13:00、14:30~19:00
土・日
10:00~13:00、14:00~18:00
休診日
木曜日・金曜日・国民の祝日

一般歯科 診療時間

月~金
9:30~13:00、14:30~19:00
休診日
土曜日・日曜日・国民の祝日
院長
歯学博士  大山照彦
副院長
歯科医師  岡村信彦
詳しくはこちら

アクセス

〒460-0008
名古屋市中区栄5-16-14
新東陽ビル2F

当院の案内図

詳しくはこちら
携帯・スマートフォン対応
QRコード

大山矯正歯科

名古屋市中区栄5-16-14 新東陽ビル2F

ご予約・お問い合わせはお気軽に
052-251-3332