美味しく噛んで、笑顔で長生き、素敵な明日へ。

理想の素材 – セラミック

オールセラミック近年、注目の治療法としてオールセラミックがあります。最近では包丁などにも利用されるこのセラミックという素材は、非常に高い強度をもった鉱石になります。
歯科治療の現場でもその技術は応用されており、治療に金属を一切使わないため、金属アレルギーの方には特に有効な治療法です。オールセラミックの治療法は、お口の中でも金属とは異なり、非常になじみも良いため、患者さんは術後も安心して生活を送ることができます。今後、有効な治療法として益々注目されるでしょう。

従来の素材とオールセラミックの違い

オールセラミックは、天然の鉱石を利用しており、従来素材の欠点を補い、金属を使わないという大きな特長をもって注目されています。
冠の全てをセラミックで作り上げるため、これまでその強度が問題となっていましたが、最新の技術によって、ジルコニアなど強度に優れた材料が開発され、奥歯の力のかかる部分にも利用できるようになりました。

従来の素材

金属(銀歯)

金属

これまで、歯のかぶせ物には金属を利用することがほとんどでした。食事や運動をするとき、歯には自分の体重くらいと言われるほどの大きな力がかかります。
本来生まれ持った自分の歯は、その大きな力を支えるため、水晶に匹敵するといわれる硬さを備えています。天然の歯を被せる必要が生じて、その代わりとなる材料を探すとき、その硬さを補う人工のかぶせ物には金属を使うしかありませんでした。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン白い被せ物を作るときにも、ポーセレンを金属の枠組みに焼き付けて作る陶材焼付け冠(メタルボンドクラウン)という冠が長い間使用されてきています。この冠が従来、審美修復の王道であったと言えます。
しかし、金属の裏打ちをした冠は経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えたり、自然な歯の輝きが思うように出ないなどの欠点もありました。

オールセラミッククラウンの治療例

オールセラミック・クラウン

オールセラミック・クラウン歯全体を包む白い冠をかぶせる治療法です。
金属を使っていないので、歯と歯肉の隙間も自然な見た目になります。

 

術前

術前

next_arwooo

術後

術後

時間経過により冠の裏の金属が露出して、隙間が黒く見えます。 オールセラミック・クラウンをかぶせることで、隙間から黒い金属が見えることはありません。

オールセラミック・クラウン(奥歯も可能)

歯全体を包む白い冠をかぶせる治療法です。
意外と目立つ奥歯の金属が気にならなくなります。

術前

術前

next_arwooo

術後

術後

虫歯だった奥歯を銀色の詰め物で治療しています。隣の歯は欠けています。 欠けた歯の治療と同時に詰め物をオールセラミックにすることで、天然歯と変わらない白さと輝きを得ました。

セラミック・ラミネート

セラミック・ラミネート歯の表面だけを薄く削り、セラミックの板を貼り付ける治療法です。
美しさや輝きを手に入れることはもちろん、歯の形状を変えることも可能です。

術前

術前

術後

術後

神経を抜いたために変色し、他の歯と色が合わなくなった前歯。 オールセラミックの薄い板を貼り付け、調和のとれた美しさが得られました。

一般歯科

大山矯正歯科

待合室の写真

オンライン予約はこちら お悩み無料相談はこちら
自立支援医療指定医
更生医療指定医
育成医療指定医

矯正歯科 診療時間

月・火・水
10:00~13:00、14:30~19:00
土・日
10:00~13:00、14:00~18:00
休診日
木曜日・金曜日・国民の祝日

一般歯科 診療時間

月~金
9:30~13:00、14:30~19:00
休診日
土曜日・日曜日・国民の祝日
院長
歯学博士  大山照彦
副院長
歯科医師  岡村信彦
詳しくはこちら

アクセス

〒460-0008
名古屋市中区栄5-16-14
新東陽ビル2F

当院の案内図

詳しくはこちら

メディア紹介

特選・中区のおすすめクリニック
患者様の声
携帯・スマートフォン対応
QRコード

大山矯正歯科

名古屋市中区栄5-16-14 新東陽ビル2F

ご予約・お問い合わせはお気軽に
052-251-3332