矯正治療の症例

叢生(乱くい歯・八重歯)

一般的に、”乱くい歯 ・八重歯”と言われる不正咬合で、歯の大きさと、アゴの大きさのバランスが悪い為、歯同士が、押し合いへし合い、デコボコに並んでいる歯ならび。歯みがきの時に歯ブラシが行き届かずに汚れが残りやすく、虫歯や歯槽膿漏の原因となります

模型による叢生(乱杭歯)の歯の状態

Before

After

症例1:叢生(乱くい歯・八重歯)

Before

After

20歳・女性・乱くい歯を気にされて、来院されました。『笑顔を素敵にしてほしい』とのことで、歯を抜いての治療になりましたが、1年10ヶ月で、治療前とは全然違う歯並びになりました。笑顔も とってもチャーミングなり、患者さんはとっても満足していただきました。かみ合わせを良くする事により、顔に筋肉のバランスもよくなり、笑顔の際の、唇の左右の上がり方も、とってもよくなり、目もパッチリになりました。かみ合わせって、顔の筋肉(表情)まで影響するのですね!

Before

After

24歳・女性・左上の八重歯と歯ぐきの腫れを気にして来院されました。歯並びが かなりデコボコしていた為、歯肉炎から歯槽膿漏に移行寸前のところでした。第一小臼歯(4番目の歯)を4本抜歯して矯正治療を行いました。治療期間は1年11ヶ月かかりましたが、とてもきれいな歯並びと口元になりました。患者さんが一番喜んだのは、歯ぐきの炎症がおさまり、とても健康な歯ぐきになった事です。

上顎前突(出っ歯)

出っ歯”と呼ばれている不正咬合で、上の前歯が強く前に傾斜していたり、 上顎に比べ下顎が小さかったり、上顎全体が前に出ていたりします。このような状態ですと、口を楽にとじることが出来なかったり、前歯をぶつけて歯を折ったり、唇を切ったりします。

上顎前突(出っ歯)のケース(模型型)

Before

After

症例1:上顎前突(出っ歯)

Before

After

32歳・女性・唇がうまく閉じる事が出来ない。前歯が出っ歯を気にされて来院しました。 治療期間1年10月かかりましたが、出っ歯も改善し、唇もスムーズに閉じる事が出来るようになり、 とてもすばらしい笑顔になりました。

症例2:上顎前突(出っ歯)

Before

After

10歳・女性・唇がうまく閉じれない!出っ歯が気になるとのことで来院されました。まだまだ成長発育がある年齢なので、下顎の成長促進+上顎の成長抑制、つまり上顎と下顎のズレの解 消を小学生の間に行いました。患者様の矯正治療への理解度も高かったこともあり、歯を抜くことなく出っ歯と口元の改善が行えました。適切な時期に治療を開始いたしますと、この様に歯を抜かない治療が可能になります。

症例3:上顎前突(出っ歯)

Before

After

35歳・女性・口元が飛び出しているのを気にされて来院されました。歯並びはかなりの出っ歯です。 上顎の第一小臼2本だけ抜いて治療を行いました。治療期間1年10ヶ月。治療後の口元は、とってもきれいになり、まるで女優さんのようになりました。

下顎前突(受け口)

“受け口” や “反対咬合” と言われる不正咬合で、下の前歯が上の前歯より前の方で噛んでいる。つまり、 上顎に比べ、下顎が前方に出ている噛み合せ。成長期を通しての治療が必要になる場合が多い。

下顎前突(受け口)のケース(模型)

Before

After

症例1:下顎前突(受け口)

Before

After

17歳・男性・反対咬合を気にされて来医院されました。検査・診断の結果、歯を抜かないで(非抜歯)治療する事になりました。最初は歯の裏側だけの簡単な装置で、上顎の前歯を前に押 し出して、その後、マルチブラケット装置にて、受け口と歯並びのデコボコの治療を行いました。1年6ヶ月で治療が終了しました。顔つきも、三日月顔 から通常の顔つきになり、とっても喜んでいました。

症例2:下顎前突(受け口)

Before

After

13歳・女性・反対咬合と乱くい歯を気にされて来院しました。診断の結果、第一小臼歯を4本抜いての治療となりました。治療期間1年10ヶ月。受け口も乱くい歯も治って、笑顔がとってもチャーミングな女性になりました。

外科矯正(顎変形症)

骨の発育の問題があり、下顎が異常に大きくなりすぎたり、右や左の偏側にズレたり、前歯が全然合わさらない位、隙間があったりする様な場合、このような症状を、顎変形症といいます。矯正治療単独では、咬み合せを改善する事が出来ないので、外科手術を併用して骨格と咬み合わせの改善を行います。外科矯正は県の指定を受けた病院であれば、矯正も手術も健康保険が適用できます。当医院は、顎変形症や口唇口蓋裂(育成医療・更生医療)の指定の医療機関です。

症例1:外科ケース

Before

After

23歳・男性・物心ついてからこれまで、ずっと受け口がコンプレックスでした。自分の症状はもう治らないものだと思っていたら、矯正治療+外科手術 治す事が出来る事を知りました。しかも、 保険治療で。外科手術は怖かったけれど、思い切って治療する事に決めました。1年10ヶ月後、かみ合わせも顔貌もこんなに良くなるとは思ってもいませんでした。一大決心して、ほんとに良かったと思います。と感激深げに話していました。

症例2:外科ケース

Before

After

症例3:外科ケース

Before

After

開咬

上下の歯が噛み合わない不正咬合。前歯で食べ物をうまく噛み切る事が出来なかったり、正しい発音(サ行・タ行)が出来なかったりします。指しゃぶり・舌癖などの悪習癖が原因となる事が多いようです。

症例1:開咬ケース

Before

After

26歳・女性・前歯の物が噛み切れない。サ行、タ行の発音が聞き取りづらいなど気にして来院。2年の治療後、生まれて初めて物を噛み切るということがどういうことか知りました。とっても感激です。これからは人前で食事する事も、しゃべる事も平気です。と 人生に自信を持たれた様です。

症例2:開咬ケース

Before

After

19歳の学生さんです。将来は英語の先生になりたいのですけれど、S音 ・ T音 の発音が非常に悪いので治したいと来院されました。 治療期間1年3ヶ月です。英語の検定にも無事合格し、「英語の発音に自信がもてるようになりました」 と喜んでおられました。

大山矯正歯科

待合室の写真

オンライン予約はこちら お悩み無料相談はこちら
自立支援医療指定医
更生医療指定医
育成医療指定医

矯正歯科 診療時間

月・火・水
10:00~13:00、14:30~19:00
土・日
10:00~13:00、14:00~18:00
休診日
木曜日・金曜日・国民の祝日

一般歯科 診療時間

月~金
9:30~13:00、14:30~19:00
休診日
土曜日・日曜日・国民の祝日
院長
歯学博士  大山照彦
副院長
歯科医師  岡村信彦
詳しくはこちら

アクセス

〒460-0008
名古屋市中区栄5-16-14
新東陽ビル2F

当院の案内図

詳しくはこちら

メディア紹介

特選・中区のおすすめクリニック
患者様の声
携帯・スマートフォン対応
QRコード

大山矯正歯科

名古屋市中区栄5-16-14 新東陽ビル2F

ご予約・お問い合わせはお気軽に
052-251-3332