美味しく噛んで、笑顔で長生き、素敵な明日へ。

PMTC

歯磨きだけでは、どうしてもとれない汚れ・・・・
そんな汚れをしっかり落とし、
キレイで健康な歯をまもる方法 、
それが、プロによる歯のクリーニング”PMTC”

 

PMTCとは?

Professional プロフェッショナル:専門家(歯科医師・歯科衛生士)により

Mechanical メカニカル:専用の器械を使用して

Tooth トゥース:歯を

Cleaning クリーニング:磨き上げること

つまり、クリーニングのプロ”歯科衛生士”さんが、
専用の機械を使って行う、歯のクリーニング(歯みがき)がPMTCなのです。

※PMTCは保険で行うことができます。

 

PMTCの効果

1、歯の強化

研磨用のフッ化物入りペーストにより再石灰化(カルシウム等)を促進し、
歯のエナメル質を強化します。

 

2、むし歯の予防

細菌性バイオフィルムを破壊、プラークを除去、再付着を防いで、
むし歯を予防します。

また、エナメル質表面へのカルシウム補給を助けます。

 

3、歯周病・歯肉炎の予防

歯面から歯肉縁上ならびに歯肉縁下1~3mmのプラークを除去することにより、
歯肉の症状を改善します。

また、歯肉が引き締まってきますので、歯周病、歯肉炎の予防にもつながります。

 

4、見た目の向上

タバコのヤニや茶シブなどの沈着した色素などを取り除き、
光沢のある本来の歯面に回復します。

また、汚れを着きにくくします。

 

PMTCは自分ではできない

歯や歯のまわりには、バイオフィルムと呼ばれる細菌が作った膜ができます。
バイオフィルムはうがいや通常のブラッシングでは、なかなか取り除けません。

PMTCにより専用の器械を使って取り除くのが、最も効果的な方法です。

また、歯ブラシの届かない所にも汚れがたまりやすくなります。
PMTCはそのような所の汚れもきれいに落とします。

 

クリーニングしずらいところ

 

※バイオフィルムとは?

バイオフィルムむし歯や歯周病は細菌感染によって起こります。

歯の表面や歯周ポケット内部のプラークが成熟して形成される
細菌が作った膜・バイオフィルムが主な原因です。

バイオフィルムは細菌がフィルム状のバリヤーに覆われているため、生体の防御メカニズムで細菌が排除されないだけでなく、
抗生剤や殺菌剤などの化学療法も効果的ではありません。

「じゃあ、このやっかいなバイオフィルムをどうしたらいいの?」

このバイオフィルムを除去できる効果的な方法、それがPMTCなのです。

 

PMTCとホームケア

プロに歯のクリーニングをしてもらったからと、安心しないでください。
毎日のブラッシングはかかせません。

PMTCとブラッシングがあなたの歯の健康を保ちます。

 

PMTCとホームケア

 

PMTCのながれ

①ブラッシング状態、歯、歯肉のチェック

PMTC1ブラッシングができていないところや磨きにくいところを
はっきりさせます。

必要に応じて、ブラッシングの指導なども行います。

また、PMTC前に歯や歯肉にどのような問題があるかチェックし、
歯石があれば取り除きます。

②研磨ペーストの注入

PMTC2歯の表面、歯と歯の間、歯のつけねの部分に
クリーニングペーストを塗ります。

 

③清掃・研磨

 

PMTC3ブラシで表面の汚れを落とします。

三角チップで歯間部を磨きます。

 

PMTC4

 

やわらかいシリコンラバーのカップで歯の表裏、
歯ぐきの間を研磨します。

 

PMTC5山形ブラシで汚れを落としにくい咬合面の溝をきれいにします。

細かい部分まで全てきれいにします。

 

④洗浄

PMTC6消毒薬を含んだ洗浄液でお口の中をきれいにして、歯肉ポケット内や歯を洗浄します。

 

⑤フッ化物の塗布

PMTC7むし歯の予防になるフッ化物を塗り、より浸透させるために数分間うがいを避けます。

 

PMTCに入る前に必要なこと

1、歯周治療後にPMTCを行う方

咬み合わせやむし歯の問題はありませんが、歯肉に問題がある場合に、
ある程度の改善を行ってからPMTCを行います。

歯周病治療後

 

2、 全ての治療終了後にメインテナンスとしてPMTCを行う方

歯周病、むし歯、咬み合わせ等(矯正)、インプラントなど、全ての治療が終了してからメインテナンスとしてPMTCを行います。

全ての治療後

 

3、PMTCのみ行う方

特に問題がなければ、予防処置としてPMTCを行います。

PMTCのみ

PMTC Q&A

Q.どのような効果がありますか?

A.プラークを除去して、しつこいバイオフィルムも破壊・除去しますので、歯本来の白さを取り戻すだけでなく、むし歯・歯周病の予防に効果があります。

Q.痛みはありますか?

A.歯のクリーニング用の柔らかいゴムのカップや特殊なブラシを使っての歯面清掃なので、痛みも不快感もほとんどありません。むしろ爽快感を得られる方もいらっしゃいます。

Q.1回で済みますか?

A.個人差があります。1回で済む場合も、また2、3回かかる場合もあります。
1回にかかる時間は約30分から1時間程度です。

Q.定期的に行うのでしょうか?

A.PMTCの間隔は症状より異なりますが、毎月、もしくは3~4ヶ月の間隔が良いでしょう。

Q.むし歯治療後の、詰めものや金属のかぶせもの、
または、入れ歯やインプラントをしていても大丈夫ですか?

A.大丈夫です。補綴・修復物がある場合は、種類や素材の特製などを、充分考慮して、器材、研磨剤を選択し、金属面などを傷つけないよう十分注意して行います。また、入れ歯やインプラントをしている場合は、特にむし歯や歯周病になりやすいので、PMTCがより効果的で、インプラントの長期安定にもつながります。

Q.白い歯になりますか?

A.歯面の汚れを取り除き、ヤニや茶シブも落とし、光沢のある本来の歯面に回復することができますが、ホワイトニングと違い自分本来の白さ以上になることはありません。

Q.年齢に制限はありますか?

A.お口を開けていられるお子さんからお年寄りまで、年齢に制限はありません。

Q.PMTCを行うのは誰ですか?

A.主に歯科衛生士が行いますが、歯科医師が行うこともあります。

Q.むし歯や歯周病の治療になりますか?

A.PMTCは予防処置であり、治療ではありません。毎日のブラッシングと定期的なPMTCにより、むし歯や歯周病の予防になります。

Q.費用はどのくらいですか?

A.患者さんの口膣内状態により、必要な時間も方法も変わってきます。
詳しくはお気軽にご相談ください。

一般歯科

大山矯正歯科

待合室の写真

オンライン予約はこちら お悩み無料相談はこちら
自立支援医療指定医
更生医療指定医
育成医療指定医

矯正歯科 診療時間

月・火・水
10:00~13:00、14:30~19:00
土・日
10:00~13:00、14:00~18:00
休診日
木曜日・金曜日・国民の祝日

一般歯科 診療時間

月~金
9:30~13:00、14:30~19:00
休診日
土曜日・日曜日・国民の祝日
院長
歯学博士  大山照彦
副院長
歯科医師  岡村信彦
詳しくはこちら

アクセス

〒460-0008
名古屋市中区栄5-16-14
新東陽ビル2F

当院の案内図

詳しくはこちら

メディア紹介

特選・中区のおすすめクリニック
患者様の声
携帯・スマートフォン対応
QRコード

大山矯正歯科

名古屋市中区栄5-16-14 新東陽ビル2F

ご予約・お問い合わせはお気軽に
052-251-3332