デコボコした口元と咬み合せを裏側矯正で改善

院長メッセージ

患者さんは、サ行・タ行の発音がちゃんと出来るようになったと喜んでいました。

患者さま情報

年代 20代
お悩み 口元と咬み合せを気にして来院されました。
症状 叢生
治療法 なるべく目立たない装置で治療したいとの事で、ハーフリンガルを選択されました。上下顎の第一小臼歯を抜歯し、1年10ヶ月で良好な咬み合せを得る事が出来ました。
期間 1年10ヶ月
費用 110万円程(税別)
注意事項 このケースでは、上顎は歯の裏側に装置が装着されておりますので、装着当初は会話時などは舌先が装置に当たって炎症が起きる場合があります。数日から1週間程度で慣れますが、初期段階では注意が必要です。

術前

術中

術後

私が毎日メールチェックしています!

1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、悩みが解消されますよ。下記のご相談フォームから必要事項にご記入の上、送信するボタンを押してください。

大山矯正歯科
院長 大山 照彦