受け口と下顎のずれを改善

院長メッセージ

切端咬合も交叉咬合も改善し、上下の前歯の正中線もぴったりと一致しました。

患者さま情報

年代 20代
お悩み 切端咬合と下顎が右にずれているのを気にされて来院。
症状 下顎前突+下顎右側偏位に起因する右側側方歯の交叉咬合
治療法 矯正治療としては、顎変形症として外科矯正を勧めましたが本人も保護者の方も出来たら外科手術は受けたくないとの事。そこで矯正用アンカースクリューを使用して改善する事になりました。おおよそ1年1か月後、切端咬合も交叉咬合も改善し、上下の前歯の正中線もぴったりと一致しました。
期間 1年1か月
費用 68万円位(税別)
注意事項 矯正装置が上下顎につきますので、治療開始時は少し食事がしづらいですが、装置に慣れるに従い自然に食べれる様になります。また装置周辺は汚れが残りやすく、歯磨きには治療前よりも留意が必要です。

術前

術中

術後

私が毎日メールチェックしています!

1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、悩みが解消されますよ。下記のご相談フォームから必要事項にご記入の上、送信するボタンを押してください。

大山矯正歯科
院長 大山 照彦