本来の位置に歯が移動した事に感激

院長メッセージ

患者さんも保護者の方も半ば両方の歯が助かるのを諦めていましたが、本来の位置に歯が移動した事に感激していました。

患者さま情報

年代 10代
お悩み かかりつけの歯医者の先生より、うまく萌えてくることが出来ない大人の歯があると指摘され来院。
症状 上顎右側第二小臼歯(5番目の歯)は、口蓋側に半埋伏、下顎左側第二大臼歯(7番目の歯)は第一大臼歯(6番目の歯)の後ろ側で70度位傾斜して埋伏しています。
治療法 他の歯列はそれほど悪くないので、歯を抜かないで治療を進める事にしました。SMC(シンプル モーラー コントローラー)と、マルチブラケット装置をつかって両方の歯を正常な位置へ誘導し、しっかりと咬める歯並びに治しました。
期間 1年8か月
費用 79万円程(税別)
注意事項 矯正装置が上下顎につきますので、治療開始時は少し食事がしづらいですが、装置に慣れるに従い自然に食べれる様になります。また装置周辺は汚れが残りやすく、歯磨きには治療前よりも留意が必要です。

術前

術中

SMC

術後

私が毎日メールチェックしています!

1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、悩みが解消されますよ。下記のご相談フォームから必要事項にご記入の上、送信するボタンを押してください。

大山矯正歯科
院長 大山 照彦