萌えてこれない永久歯を正常に配列

院長メッセージ

1年4か月後には、上顎第二小臼歯は歯列の中に正常に配列出来、しっかりと咬める歯並びになりました。

患者さま情報

年代 20代
お悩み かかりつけの歯医者さんより、萌えてこれない永久歯があると指摘され来院。
症状 上顎第二乳臼歯、早期喪失に起因する上顎第一大臼歯近心転位と診断いたしました。状態としては子供の一番奥の歯が虫歯でなくなったが、そのまま放置していたために、6歳臼歯といわれる奥歯が前方にズレてしまい、第二小臼歯(5番目の歯)が骨の中に埋まっているという症状です。
治療法 矯正治療は、SMC(シンプル モーラー コントローラー)+マルチブラケット装置にて改善を行いました。1年4か月後には、上顎第二小臼歯は歯列の中に正常に配列出来、しっかりと咬める歯並びになりました。
期間 1年2か月
費用 76万円程(税別)
注意事項 矯正装置が上下顎につきますので、治療開始時は少し食事がしづらいですが、装置に慣れるに従い自然に食べれる様になります。また装置周辺は汚れが残りやすく、歯磨きには治療前よりも留意が必要です。

術前

術中

術後

私が毎日メールチェックしています!

1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、悩みが解消されますよ。下記のご相談フォームから必要事項にご記入の上、送信するボタンを押してください。

大山矯正歯科
院長 大山 照彦