顎変形症のご相談は自立支援医療機関まで

顎変形症とは

骨の発育の問題があり、下顎が異常に大きくなりすぎたり、右や左の偏側にズレたり、前歯が全然合わさらない位、隙間があったりする様な場合、このような症状を、顎変形症といいます。

矯正治療単独では、咬み合せを改善する事が出来ないので、外科手術を併用して骨格と咬み合わせの改善を行います。外科矯正は県の指定を受けた病院であれば、矯正も手術も健康保険が適用できます。当医院は、顎変形症や口唇口蓋裂(育成医療・更生医療)の指定の医療機関です。

顎変形症の治療費

顎変形症の場合、検査・術前矯正・外科手術・術後矯正・保定の管理 すべて保険適用となります。もちろん、保険が認可された医療機関(自立支援医療指定機関・更生医療指定機関・育成医療指定機関・顎口腔機能診断施設の認定を受けている医療機関)である必要性はありますが、この『顎変形症』の治療費につきまして、矯正治療費が、およそ80万円位の3割負担ですから、実質 患者さまの窓口負担額は 24万円位となります。

また、外科手術に関しましては、下顎だけの手術ですと、手術・入院費(3週間位)を合わせまして、90万円位(手術の内容によって多少の差異はあります)の、3割負担ですから、患者さまの窓口負担額は、27万円位となります。ただし、1ヶ月以内に、約8万円以上 医療費がかかった際には、高額療養費の補助が受けられます。
どういう事かといいますと、退院の際に手術費・入院費の3割負担分 約27万円を、病院窓口で支払いますが、後ほど、高額療養費の補助の申請を行います。すると、27万円-8万円=19万円 の返金を受ける事が出来ます。
実質、外科手術費は、約8万円という事になります。

という事で、外科矯正の場合 総治療費(歯科矯正+外科手術)は、おそよ30万円~35万円位で、受診できる事になります。(術前矯正の期間や、入院日数や、入院時期(2つの月にまたがっての入院ですと幾分高くなってしまいます。なるべく単月で、手術・入院が済むと最小限度の出費ですみます)などで 多少のバラつきがあります)
高額療養費の補助の制度は、簡単なものです。社会保険庁のHPにもいろいろと案内が出ていますし、申請書類も、役所の国保の窓口や保険組合に問い合わせれば、簡単に手に入れられます。高額療養費の補助の制度は、ハードルがとっても低いので、是非 有効に利用されたら良いと思います。以上が顎変形症の場合、矯正治療+外科手術に係わる治療費となります。

顎変形症の治療の流れ

矯正歯科と口腔外科の連携

 

外科矯正をすれば人生は変わる!

外科矯正を受診しようかどうしようかと悩んでおられる患者さんからの多数の相談を受けています。私が思いますに、確かに矯正治療や外科手術に関しては、不安や恐怖が一杯あるかと思いますが、外科矯正をすれば間違いなく人生は変わると思います。
当医院の外科矯正の患者さんには、いつも「手術は怖いかもしれないけど、手術後の咬み合わせや、顔貌の変化、健康な事など良くなる事が一杯なので、それを楽しみにがんばりましょうね!」って、励ましています。なので、外科矯正の患者さんは、いつも明るいですよ!
そして、私の楽しみ=患者さんの楽しみは 手術後の咬み合わせと顔付きの変化です。外科矯正は、とても劇的な変化が得られるので、私はいつも手術後の、初来院のとき、患者さんの顔貌や咬み合わせを見て感動します。とっても良い瞬間です。
外科矯正の患者さんに、すべての治療が終った際、質問をします。『外科矯正を受けてみて、どうでしたか?』 って いつも聞くのですが、患者さん達は、みな同じ事を口にします。『外科矯正 受けて、本当に良かったと思います。こんな事だったら もっと早く決意したら良かった!』 と、言ってくれるので、私はとても幸せな気持ちになれるのです。当然、患者さん達は、結果にとっても満足し、人生が変わったと言っています。
外科矯正は不安な事も多々あるかもしれませんが、一度、矯正専門医(自立支援医療指定機関・更生医療指定機関・育成医療機関・顎口腔機能診断施設)に、相談に行かれたら、いかがでしょうか!きっと明るい未来が開けると思いますよ!

大山矯正歯科
院長 大山 照彦

YouTubeで見る顎変形症

症例

私が毎日メールチェックしています!

1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、悩みが解消されますよ。下記のご相談フォームから必要事項にご記入の上、送信するボタンを押してください。

大山矯正歯科
院長 大山 照彦