舌癖のトレーニング

M . F . T . (Myo  Fanctional  Therapy ):筋機能療法

舌癖のある患者さんは、上下の歯が接触してなく、舌が歯の間から前方に突出してきている。正常な場合は上下の歯がきちんと接触し、舌の突出は認められない。

舌癖とは?

日常生活の中で、夢中になってゲームをしたり、テレビを見ているときに、口をポカーンと開けて上下の歯と歯の間に舌が出していたり、また、食べ物を 食べたり飲み込む時に、上下の歯の間に舌を強く突出させたりする。これを舌癖(ぜつへき)と言います。

舌癖があると・・・

サ行、タ行などが舌足らずな発音になったり、また、いつも口をポカーンと開けていると、唇や口の周りの筋肉が弱くなり、外側から歯並びを押さえる力がなくなり、顎の骨や歯の機能的な咬みあわせを阻害して、不正咬合を誘発します。つまり開咬状態になります。
開咬で来院されて患者さんには、舌癖のトレーニングを行います。

無意識下(寝ている時)での舌尖部の位置

無意識下(寝ている時)での舌尖部の位置

舌尖部が上顎前歯部口蓋についていないと

  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 脳血管障害
  • 痴呆症 etc.

などの生活習慣病を引き起こします。

この舌癖が主に現れるのは、物を飲み込む時、つまり嚥下時に舌癖が現れる。この様な嚥下を、異常嚥下という。(さ行・た行などの発音時にも舌癖が認められる)

飲食物を飲み込む時に、口の周り(口輪筋)に異常な収縮が見られる

次に、舌癖のトレーニングを行った症例を見てみよう!

術前

術前

術前

術中(2 ケ月後)

術中(2 ケ月後)

術中(2 ケ月後)

術中(4 ケ月後)

術中(4 ケ月後)

術中(4 ケ月後)

術中(6 ケ月後)

術中(6 ケ月後)

術中(6 ケ月後)

術後・MFT 終了後 2 ケ月 経過

術後・MFT 終了後 2 ケ月 経過

術後・MFT 終了後 2 ケ月 経過

術後・MFT 終了後 5ケ月 経過

術後・MFT 終了後 5ケ月 経過

術後・MFT 終了後 5ケ月 経過

術後・MFT 終了後2年7ヶ月経過

術後・MFT 終了後2年7ヶ月経過

術後・MFT 終了後2年7ヶ月経過

術後・MFT 終了後5年経過

術後・MFT 終了後5年経過

術後・MFT 終了後5年経過

舌癖のトレーニングの進め方

M F T に使用するテキストブックや器材

それでは簡単にトレーニングについて説明いたします。

スポットポジション

目的:安静時や嚥下時に舌尖が触れるスポットの位置を正確に覚える。

ポッピング

目的:舌を挙上する筋肉の強化

オープンアンドクローズ

目的:舌を挙上する筋肉の強化

私が毎日メールチェックしています!

1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、悩みが解消されますよ。下記のご相談フォームから必要事項にご記入の上、送信するボタンを押してください。

大山矯正歯科
院長 大山 照彦