出っ歯(上顎前突)

出っ歯とは、正常の咬み合せに対して、下顎が後退し上顎の前歯が出ている咬み合わせで、正常な咬み合わせに対し、良く咬めない歯並びのことです。

 

出っ歯の治療は、いつ頃始めるのがベストか!

小学生2~4年生頃から開始するのがベストです。その理由として、出っ歯のお子様の治療は、体が大きくなる現象、つまり成長を使って治療をいたします。小学2~4年生の頃、下顎の成長量が非常に旺盛な時期ですので、この時期から開始するのがベストです。

出っ歯の治療で大切な事

  • 第一段階の治療として、まず、下顎の前への成長促進を行う。
    時期としては 、前歯が萌え変わった頃より行うのが ベスト!
    下顎の成長が得られたら、次にどのような治療を行うと良いの?
  • 第二段階の治療として、上顎の前への成長を抑制を行う。
    時期としては 、小学4~5年生頃の 大人の歯並びになる少し前がベスト!

上記の成長をコントロールすることが出来れば、骨格や顔貌を整えることができ、そして一番のメリットは、永久歯を抜かない治療が出来ることです!

では、どの様な装置を用いて治療をおこなうのか?
下顎の前への成長促進を行う装置

スライディングプレート

前歯部の斜面を使って下顎骨に前方位をとらせる事により、下顎の前方成長が得られる。

バイオネーター

夜間の就眠時の装着するだけで、下顎の前方への成長を促します。学校に行く際装着しなくても良いので、お子様からは評判の良い装置です。バイオネータ夜間装着する事で、図1(治療前)、図2(治療後)の様に下顎の前方成長が得られます。

バイオネーターの治療例を見てみましょう!
治療前

治療前

バイオネーター 装着時

バイオネーター装着時

バイオネーター装着後8ヶ月経過 

バイオネーター装着後

治療後

治療後

次に、上顎の前への成長抑制を行う装置『ヘッドギア』について説明いたします。

ヘッドギアは

  • 上顎骨が前に出ている骨格
  • 上顎の奥歯の前方へのズレの改善
  • 上顎骨の発育抑制

などの症状のあるお子様に使用いたします。

つまり、上顎の過成長による出っ歯を改善する装置です。

ヘッドギア

初診時

治療前

ヘッドギア使用後8ヶ月

ヘッドギア使用後8ヶ月

治療中

治療中

治療後

治療後

次にバイオネーター使用後、ヘッドギアへ移行した症例をみてみましょう。

初診時

初診時

バイオネーター使用後

バイオネーター使用後

治療後

治療後

成長をコントロールすることが出来れば、骨格や顔貌を整えることができ、そして一番のメリットは、永久歯を抜かない治療が出来ることです!

私が毎日メールチェックしています!

1人で悩まずに、まずはご相談ください。きっと、悩みが解消されますよ。下記のご相談フォームから必要事項にご記入の上、送信するボタンを押してください。

大山矯正歯科
院長 大山 照彦